大槌カイ

⼤槌⽣まれ ⼤槌育ち
好きな⾷べ物は、大槌町発祥の「磯ラーメン」
「カイ」は⽗がつけてくれた名前

高校入学直前の中学⽣3年生の時に、東⽇本⼤震災の津波で家も流され、⽗が⾏⽅不明のまま。
高校で入部予定だったサッカー部の練習に参加中に被災。高校が避難所だったのでそのまま滞在する。
地元高校に入学。避難中にお世話になったインターアクト部(社会奉仕活動部)に入部。

高校卒業後、大学進学のために上京。
大学4年生、大槌には戻らず東京での就職が内定。
大学卒業間際に帰省した際に開催していた「三陸コネクトフェスティバル」にたまたま参加する。
地元の盛り上がりや、開催趣旨に感銘をうけ、地元に戻ってきたいと考える。
悩んだ結果、やはり⼤槌・三陸のために働きたいと考え、内定企業をお断りして大槌町に戻ることに。

大槌町に戻り、大槌町役場で臨時職員として働きはじめる。
津波により無くなってしまっていた⼤槌駅が、三陸鉄道リアス線になって復活する聞き、三陸鉄道に就職を⽬指す。

三陸鉄道に就職、復活した⼤槌駅の駅員として勤務。